キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 不動産担保ローンの長期返済 : よく分かる!不動産担保ローンマスター講座

不動産担保ローンの長期返済

よく分かる!不動産担保ローンマスター講座のメイン画像
金額によっても違いますが大きな金額の場合不動産担保ローンが長期返済になることもあります

不動産担保ローンの長期返済

不動産担保ローンは金額にもよりますが、長期返済の借金となります。

この長期返済は半年後までとか1年後までとかではなく数年から数十年という範囲です。

例えば、種類によって数千万円不動産担保ローンで借入することが可能ですが、住宅ローンと同じくで20年ローンということもあるのです。

ここでひとつ良く考えなければならない事があります。

半年や1年等の短期返済の場合、毎月返す金額が大きくなるとその分銀行等に払う金利が低くなります。

例えば百万円借りて1年で返すとして利息が五万円という風にです。

しかし、長期返済の場合、目先の毎月の支払いを減らす為に返済期間を長くすればするほど金利が高くなっていきます。

返済が本当に難しい場合は別ですが、そうでなければ無駄な金利を押さえる為にもできるだけ短い期間で返済を行うようにしましょう。

臨時収入が合ったり資金に余裕が出た時は不動産担保ローンの場合、繰上返済というのができる場合があります。

銀行等によっては手数料をとる所もありますが、手数料がいらない所もあるので借りる前に確認しておくとtよいでしょう。

繰上返済をすると返済元本が減りますので金利も当然下がってきます。

返済期間が短くなるだけではなくかなり金利が節約できますので余裕がある時はできるだけ繰上返済を行うようにしましょう。

面倒くさいと思わずこれらのことを行う事で返済計画がスムーズにいくほか返し終わった後金利がかなり節約できたことが実感できるはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加