「髭の永久脱毛なんて痛くない」と聞いたことがありますが?

髭の脱毛は、それが永久脱毛でも半永久でも3カ月程度でも痛みはあります。

またどんな脱毛法を選んでも「痛くない」ことはありません。

要因を含め考えてみましょう。

◆髭の脱毛で考えられる痛み、7つの要因。

髭の痛みにはいくつかの要因が考えられますが、最新の脱毛法で痛みが比較的少ないレーザー脱毛法でも痛みはあります。

痛くないとういことはありません。

要因とは、①肌の色や肌の状態・皮質、②毛の量・密度・固さ・太さ、③その日のコンディション(メンタル含む)、④その日の気候、⑤医師の技術的レベル、⑥誤った過剰な照射時間、⑦間隔を置かない過剰なスケジュール。

だいたいこれが考えられます。

◆肌にダメージを与えている人は余計に痛い。

当然ですが肌が日焼けして黒い人は肌へのダメージが大きいので、同じ出力のレーザーでも痛みの度合いは高くなります。

髭の状態は人によってさまざまで、髭が濃く太い人は毛根が大きくその下層にある組織もしっかりしています。

時間調整してピンポイントで照射しても、痛みの度合いは普通より大きいです。

乾燥肌、敏感肌、その日の気候が乾燥していたら痛みは増します。

◆「脱毛なんて痛くない」というのはやせ我慢です。

レーザー脱毛は“痛くない永久脱毛の近道”ですが、痛みはそれなりにあります。

医師による脱毛技術で“痛い・痛くない”が左右されることもありますが、うまい医師でも痛みをゼロにするのは不可能です。

要因にはいろいろあるので、自分で体験するしか痛みの度合いはわかりません。

This entry was posted in 髭の脱毛と痛みの度合い. Bookmark the permalink.

Comments are closed.